The Mind of the Strategist


披露山公園からの眺めです
by muramatsuk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
Torture Her ..
from Torture Her Tits
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ristorante p..
from ristorante per..
bolle sungla..
from bolle sunglasses
nova dreamer
from nova dreamer
sample fuck ..
from sample fuck mo..
hernando de ..
from hernando de soto
santa cruz g..
from santa cruz gal..
sftware dvd
from sftware dvd
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:映画( 5 )


「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」

興行収入2億ドル超えてるそうです。
確かにShobizで数週間トップ10に入ってました。
前作の内容はずいぶん忘れてますが動員数からすると外れはないだろうということでレイトショー1200円を観に行きました。

演出は面白かったです。
特に中盤のアクションシーン、これってほとんどインディジョーンズじゃないの?
インディは聖杯、ジャック・スパロウは鍵と宝箱。
ジャングルの中で水車が転がったりアクション中に鍵と宝箱の持つ人が転々としますが見てるとどうもインディジョーンズ。
面白かったからいいけどね。

中盤で登場する占い師?のナオミ・ハリスの存在とラストのジャック・スパロウを見てると、これってマトリックスっぽくない?って。
キーラ・ナイトレイもいいけどこの人ちゃんとメイクしてないとルックスがいまひとつ。
かえってナオミ・ハリスの方が役的にも面白みがある。

デイヴィ・ジョーンズとクラーケン。
ヌメヌメキャラは何となくエイリアンとかプレデター。
違うところはちゃんとセリフがあって演技もしてるのは新しさがあって評価できるかも。
ただ意味もなく暴れる怪物ではないのです。
彼ら悪霊と言ってしまえばそれまでですが占い師ナオミ・ハリスが言うにはこれももとはまともな人間。
失恋とか昔のことで訳あって悪役を演じてます。
本筋とは離れますがどちらかというと私が作者、演出ならなぜこの悪霊は悪霊になったのか。
善と悪の戦いはいいけど悪霊が悪霊になったゆえん、彼は永遠に悪役のままで救われないのかあるいはどこかでやっつけられて終わるのかが気になります。
ハリウッド映画は主役が悪役をやっつけて終わるのが多いですが多少は文学性を持たせてくれてもいいんじゃないでしょうか。
例えばキアヌのコンスタンティンみたいにキリスト教の論理を持ってきてもいいし。

ジャック・ダベンポート、この人結構カッコいいですがラストでいつのまにかデイヴィ・ジョーンズの心臓を持っていてベケット卿のところに持っていってしまう。
次回作では当然、これを使って取引するんでしょうがベケット卿は自分の手は汚さないからそのままジャック・ダベンポートを利用するんだろうか。

今回のラストはジャック・スパロウがやられて終わりかなあってのは結末としてはともかくもう少し演出して欲しかった。
次回作に続くならあっさり消してはつまらない。
主人公は必ず出てくるんだから消息不明とかあいまいにして雰囲気を出してくれないと作品として色気に乏しい。

全体的に面白かったけどラストが惜しかったです。

d0002091_3224612.jpg


d0002091_323047.jpg

[PR]

by muramatsuk | 2006-07-30 03:23 | 映画

オスカーに現れたニコールをチェック!

d0002091_23485635.jpg





d0002091_23492816.jpg





d0002091_23495655.jpg





ついでに「ウォレスとグルミット」も。

Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]

by muramatsuk | 2006-03-06 23:50 | 映画

猫の恩返し

猫の恩返し/ギブリーズ episode2 (DVD)キャンデーポップコーン付き♪

公開時に観ていなかったので今回の放送は観てみました。
まず主人公の女の子のキャラクターがそれほど個性的でもないし何かを主張する意図は見えません。
動物をテーマにした映画ではまだ平成狸合戦ぽんぽこの方がよかったんではないか。

主人公がだんだん小さくなって猫の国に入っていってってのは要は不思議の国のアリスじゃないの。
特にジブリマニアではないので深く突っ込みませんが。

映像的にはクライマックスのお約束の飛行シーンとカラスの階段のところはオリジナルのアイディアでしょうから評価はできます。
それ以外は少し物足りなかったですね。

魔女の宅急便の方がいいかな。
[PR]

by muramatsuk | 2005-08-27 11:58 | 映画

スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐

ストーリーの大枠は特に書くこともないでしょうし世界中の人が分かってることなので今回は演出面で気がついたことなど。

キャラ的にはマスター・ヨーダが一番可愛い。
戦闘シーン見てると座頭市みたい。
素朴な疑問として「フォースって何なの」って。
シスとヨーダの対峙を見てると技の種類としてはシスが手から出すビームとヨーダのカメハメ波。
要はドラゴンボールなの?
でも空中戦とか見てるとこういう演出ならやろうと思えばハリウッドでなくても日本映画でもできそう。
予定調和の古典的な時代劇にこだわらずにルーカスみたいにまったく新しく作り出したような作品を見せることもできるんじゃないだろうか。

フォースの暗黒面って言葉が独り歩きしてますが結局それ以上の説明はなくて終わってしまった。
アナキンがシスに弟子入りして命令に従うのはいいけど単なるロボットとして動いてるだけじゃんって。
シスが死から解放する力を得るとか大風呂敷広げてましたがその後の説明はどうなった?
結局救えなかったんじゃないのか?
ダース・ベイダーがシスに「あんた、話が違うぞ」ってラストで突っ込んでもよかった。
そうすると話が終わらないけどね(笑)
暗黒面のフォースを会得するシーンが出てこないかと期待したんです。

パドメ(ナタリー・ポートマン)が前半のシーンで顔が少しヘン?だったのが途中で普通に戻ってる。
撮る時期とかどういう意図の演出かわからない。
今回はいつも部屋の中にいて外に出るのが少なかった。
シーンもアナキンとのからみばっかりで。
忙しかったのかな?
パドメの住んでいる家(マンション)がありますが部屋のデザインがなかなかオシャレ。
高層マンションなのに前面開放で部屋の前に自家用機?が止められる。
この部屋いいなあって。
エピソード2の時も田舎の別荘で暮らしてましたがそこも景色がいいとこでした。

冒頭の戦闘シーンでR2-D2も戦闘に加わりますが何と戦闘機能が強化されてる。
動きがダイナミックになって単独で敵を粉砕。
自分でジャンプしたり頭の上から武器が出てきて攻撃するなどバリエーションがある。

アナキンとオビ=ワンの戦闘ですが冒頭ではアナキンが圧倒的に強かったがラストで2人が戦うところではオビ・ワンが勝ってしまう。
勝負は水ものってこと?
オビ=ワンが戦いに臨むときの乗りもののトカゲ。
これは動きや形が面白くていいです。


傷ついたアナキンがダース・ベイダーとして誕生する時に確かに腕も足も切られてサイボーグになるしかないのは分かりますが何で彼だけあのあやしいコスチュームでないといけないの?
顔まで傷だらけになってるのは分かりますが全身を包むのではなくて両手両足だけでもいいんじゃないか?
そういうと元も子もないですが。

アナキンが暗黒面に堕ちたのはもともとはパドメを助けるためだった。
いつの間に宇宙を支配したくなったのか?
パドメを失ったところでモチベーションがなくなるんではないか?
でもルークとダース・ベイダーが戦う時にも2人で世界を支配しようと言ってたな。
親子でやろうぜって言うんならそれほど極悪人でもないんですね。

細かく見ていくと苦しいとこはいろいろありますが全体の流れとしては面白いしまあいいかと(笑)
「宇宙戦争」よりもいいでしょう。
もう少し整理したいので全編通して観てみたくなりました。
エピソード1以降は最近ですが4-6は忘れてるんで。


今回は字幕で観まして翻訳が戸田奈津子さん。
英語は比較的分かりやすかったですがよく言われるように「ちょっと違うかなあ」ということろは少し見られました。
私の英語力ではなんとも言えませんが。

それでは、May the force be with you.

http://www.foxjapan.com/movies/episode3/

http://www.japan.ea.com/episode3/indexFlash.html#home
[PR]

by muramatsuk | 2005-07-17 10:33 | 映画

「宇宙戦争」 War of the Worlds 観てきました。

6/29全世界同時公開作品。
ファーストデイ1000円でトム・クルーズ、ダコタ・ファニングという保証があるんで観にいきました。
既にいろいろ書いてる人がいますが意外に評判は悪くないみたい。

私は正直に書いてしまいますのでこれから観にいく人は読まないほうがいいかも。
宇宙から侵略者来襲。
空から雷がゴロゴロ。
雷が落ちたところに地中から異変。
3本足のマシンが地中から突然登場。
モービルスーツっていうのがわかりやすいかなあ。
エイリアンというかゴジラみたいというか。
いつもは無敵のスーパーマンのトムくんですがその他大勢の民衆と同じくただ逃げ回る。
上映時間は2時間ですがいつまでたってもトムくんはモービルスーツと戦わないで隠れて逃げる。
ラスト近くでようやくダコタ・ファニングが捕まったのでトムくんも敵の中に入る。
そこを乗り越えるとなぜか一気にエンディングに向かう。

はっきり言ってマイノリティ・リポートの方がぜんぜんよかった。
金はかけてるけど撮影期間は2ヶ月くらいしかかかってないとか。
出演料は2人分しかかかってないんじゃないのって。
意地の悪い見方をすると全世界同時上映ってのはネタバレ防止と噂で一気に客足が遠のいてもスタートダッシュで制作費を回収するためじゃないのって。
ただ2ヶ月の割にはよく作ったなってのもあります。
途中で出てくる「カメラヘビ」(観ればわかります)はキャラ的に面白かったです。

ちょっとネタバレ
簡単に言うと・・・
宇宙人が攻めてきて人間を○○て免疫がなかったから病気になっちゃったのって話ですがそれってどっかで聞いたネタじゃないですか?
ラストで一応説明はありますが納得できるかというと・・・?
トムくんはいいんですが作品の評価は?です。
[PR]

by muramatsuk | 2005-07-02 00:43 | 映画